ショッピングローンの申し込みはキャッシングよりも審査が甘いといわれていますが、あくまでお金に関する取引ですからそう容易くはいきません。

ではショッピングローンの審査は一体何をするのでしょう?
(当然ですが収入のない人や未成年者はローンを組むことはできません。もし組めるとしたら危ない金融会社の可能性が高いです)

審査は他社借入件数をチェックされます。
他所で合計どのくらい利用しているかなどの情報を調べます。既に年収の3分の1に等しいローンを持つ人は審査は通りにくくなります。

次に延滞履歴の有無です。
現時点までに借りたお金の返済に問題はないか、延滞はないかということを調べます。支払いに遅れがあった場合は審査に通りにくいといえます。
ちなみに過去・現在のキャッシング、返済情報は全て情報機関に登録されており、金融業者はここを確認して審査します。

ショッピングローンでは勤続年数や年収を重要視されるのでアルバイターや無職の人は審査を通ることが難しくなります。
第三者から借りるというのは=信用で借りるなので、審査の申し込みで事実と異なる住所や電話番号を記載すると審査は間違いなく通りません。ネットでの申し込みをする時、数字間違いや変換ミスをしたまま申し込んでしまうことがあるので注意してください。

審査基準は会社によって異なりますので、一社受けて審査落ちしたら期間を開けて他社に申し込むと通るケースはよくあります。


スポンサーリンク